薬用シミトリーをお試しで使う?モニターはあるの?

薬用シミトリーはシミやシワを防ぐことができる、オールインワン美白ジェルです。シミトリーの効果を確かめるべく、お試しとして使うためにモニター品などを探していませんか?

 

この記事では、薬用シミトリーをお試しで購入する方法をまとめてみました。

 

薬用シミトリーはモニプラには無い!

 

大手モニター募集サイトであるモニプラで、薬用シミトリーの取り扱い状況を調べてみましたが、現在はモニプラではモニター募集は終了しているようでした。

 

モニターを使って効果を見てみたいと思っている方は、残念ながら使用できないということになりますね…

 

しかし、モニプラでは数回モニター募集をしているようでしたので、気になっている方は定期的に見てみてください。もしかすると募集されているかもしれません。

とは言っても、モニターに応募したからといって確実に貰えるわけではありません。全国で10~20人だけの募集で抽選となります。また、モニターですので、顔写真の提出を求められることもあり、個人情報の流出リスクは高いなと思いました。

 

※実は無意味だった薬用シミトリーのモニター品※

 

シミトリーの効果が気になったモニター品を探している方には残念なお知らせとなりますが、シミトリーのモニター品を使用しても効果は期待できません。

 

シミトリーでシミへの効果を感じるためには1ヶ月から2ヶ月といった、長期的な使用が求められます。シミトリーを1個使っただけは完全に効果が感じられるといった事は無いんですよね…。効果の度合いは個人差がありますが、濃いシミに悩まされている場合はより時間がかかってしまう場合があります。

 

時間がかかってしまうといったことを頭に入れた状態でないと、シミトリーでモニター利用してみたら効果がなかったといった悩みが出てしまうかもしれあません。

 

ですので、シミトリーの利用を考えているのでしたら、モニターではなく、定期コースでのお試しをオススメします。

 

薬用シミトリーの定期コースは、14日間の全額返金保証がついた5大特典を受けることが可能です。

5大特典の内容は以下の通り

  • フェイスマスクプレゼント
  • 送料無料
  • 決済手数料無料
  • 初回26%OFF
  • 14日間全額返金保証

 

肌荒れなどの心配でモニター品を探しているのでしたら、公式サイトの定期コース特典で用意されている14日間全額返金保証でも十分事足りるかと思います。

 

薬用シミトリーは敏感肌でも使える優しい作り

シミトリーは7つの無添加素材といった作りになっているので、肌荒れや副作用の心配が無く使用することが可能です。

 

美白化粧品ですと白斑の心配が考えられますが、シミトリーには白斑の可能性が考えられる危険な成分は配合されていませんでした。

 

敏感肌の方でも安心して使って効果を発揮できるかと思いますよ。

薬用シミトリーの使い方や副作用

薬用シミトリーは副作用の心配なく使用できるのか?白斑のリスクはない?

薬用シミトリーはシミやシワを防ぐ事できる、うるおい美白オールインワンジェルです。美白効果に期待ができる化粧品って少し心配な部分がありますよね。

 

「美白効果が高すぎて肌が白くなりすぎないのか」

 

といったことですね。医学的にはこのような症状を「白斑」と呼ばれています。実際に、過去、美白化粧品を使って白斑の副作用が起きたといった事例がありました。数万件に被害が出て話題になりましたね…。こういった事件があった後ですから、薬用シミトリーの副作用のリスクが心配です。

 

では、薬用シミトリーは白斑などの副作用の心配はなく使用することが出来るのでしょうか?

 

配合成分を調べてみました。

 

薬用シミトリーの全成分

 

シミトリーの全成分はこちら

 

 

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

 

では、白斑のリスクが心配される成分は配合されているのでしょうか?

 

現在、白斑の心配が考えられている成分はこちら↓

  • ロドデノール
  • ハイドロキノン

これらの成分が配合されている場合には、使用には注意が必要ですが、シミトリーにはこれらの成分は配合されていませんでしたので、白斑の心配がなく使用することが可能でしょう。

 

これらの成分は、白斑以外にも、痒み、痛み、腫れ、色素沈着、発がん性といった副作用が生じるリスクもある成分です。

 

シミトリーは7つの無添加素材を実現

薬用シミトリーは無添加素材で作られています。無添加だとどんな心配があるの?と思われる方もいるかと思われますが、添加物を配合しているとこのような副作用の心配があります。

  • 肌の痒みや痛み
  • 肌の荒れや乾燥

 

薬用シミトリーでは、このような心配がありませんので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

ちなみに無添加成分の一覧はこちら↓

  • パラベン
  • アルコール
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • シリコーン

 

薬用シミトリーはオールインワンジェルで、他に化粧品を揃える必要がなく、安心できる配合成分ですので良いですね!

薬用シミトリーの使い方や副作用について 使用感は乾燥するって本当?

 

薬用シミトリーは日焼け止め効果に期待はできる?

薬用シミトリーは、ハイドロキノン誘導体とビタミンC誘導体配合の、シミとシワを防ぐことができる口コミでも話題のオールインワンジェルです。

 

シミトリーはオールインワンジェルとして発売されていますが、日焼け止め効果には期待ができるのかといった事を調べてみました。

 

薬用シミトリーは紫外線対策としては期待できない

結論をお伝えすると、薬用シミトリーは紫外線吸収剤という日焼け止め防止に有効な成分を配合していないため、薬用シミトリーは日焼け止め対策としては使用できないかと思われます。

 

オールイワンジェルというと、日焼け止め効果がプラスされて販売されている事が多いのですが、薬用シミトリーは残念ながら使用できませんので、日焼け止め効果が追加されたオールインワンジェルをお求めの方は、他のオールインワンジェルを選ぶことをオススメします。

 

「なんだ、シミトリーは日焼け止めとしても使いないのか、ならシミトリーは辞めよう」

 

と思った方もいるかと思います。でも、シミトリーの効果の目的を忘れていないでしょうか?薬用シミトリーの本来の目的は、シミを予防し改善に向かわせる事です。

 

日焼け止めとしての効果がるオールインワンジェルを求めているならシミトリー以外を選ぶ必要がありますが、シミトリーは日焼け後のケアも出来るので、日焼け止めを他に用意すれば、シミトリーの効果の良いところ取りをすることができるでしょう。

 

 

日焼け止め付きのオールインワンジェル

だけよりも

日焼け止め+シミトリー

といった使い方をした方がおすすめというわけです。

 

 

詳しく紹介していきますね。

 

薬用シミトリーは日焼け後のケアに最適な成分配合

 

薬用シミトリーは、メラニンの生成を抑制される働きが期待できる成分「フラバンジェノール®」を配合しています。

フラバンジェノール®は、シミトリーの製造会社である東洋新薬が開発した成分で。シミやくすみを防ぐ働きが期待できます。

 

日焼けによりメラニンが生成されていましますので、日焼けの後にシミトリーを使用することで、メラニンの生成を抑制させてシミになるのを防ぐ働きが期待できます。

 

また、薬用シミトリーの保湿成分は球状ラメラ構造と呼ばれる、人間の肌に構成と似ている作りになっており、浸透力が高いといった効果があります。

日焼けは肌の火傷ですので、肌の奥まで保湿成分を届けてあげる必要があります。シミトリーの浸透力は、日焼けた後のケアには最適かと思われます。

 

薬用シミトリーは日焼け止めとの併用は可能ですので、

 

日焼け止めを事前に塗る→日焼けする→シミトリーでケア

 

といったケアの流れが、シミを予防する効果を最大限に発揮できるかと思われます。

薬用シミトリーの使い方|オールインワンジェルだけど効果あり?

薬用シミトリーは芸能人も愛用し口コミでも高評価の、新美白オールインワンジェルです。7つ無添加素材で作られているので敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすい作りとなっている特徴があります。

 

そんな薬用シミトリーはオールインワンジェルですので、人によってはオールインワンジェルだからあまり効果無いんじゃないの?って考えている方もいるかと思います。

 

確かに、オールインワンジェルだからといっても正しい使い方をしなければ効果が半減してしまいます。この記事では薬用シミトリー(SimiTRY)の正しい使い方について解説していきます。

 

薬用シミトリーの使い方はコレ!

オールインワンジェルなので簡単にケアすることができますが、正しい使い方をしなければ効果が半減してしまうかも!?

下記の流れを、朝と夜に行います。

  • 朝は起床後の洗顔後に
  • 夜はお風呂上がりに

どちらも顔がキレイな状態で行うのが絶対条件です。

 

薬用シミトリーは「球状ラメラ構造」と呼ばれる保湿成分の構造で作られています。この構造は人間の肌に近い作りになっており、薬用シミトリーは肌に浸透しやすい特徴があるのです。

ですので、シミトリーは他の化粧品に比べても浸透力が高いのですが、顔に汚れが残っている状態ですと浸透の妨げになりますので、事前に顔についた汚れ(皮脂、ホコリ)を落としておくようにします。

 

 

この時、刺激を与えてゴシゴシ洗わないようにご注意ください。メラニンが増えてシミが増える原因になる可能性があります。

 

 

また、お風呂上がりは肌が柔らかくなりますので、成分が浸透しやすい様になっていますのでお風呂上がりに行うのがおすすめです!

 

1シミトリーを顔に塗る

 

薬用シミトリーをさくらんぼの粒くらい出して、顔に塗っていきます。薬用シミトリーは浸透力が高いので、この量でもしっかりと浸透します。

優しくなでるように塗るのがポイントです。

 

2顔全体にシミトリーを浸透させる

 

顔全体にシミトリーを塗ったら浸透させていきます。手のひらで抑えて温めて上げると浸透力がアップしますよ。

 

薬用シミトリーの使用感は?乾燥するってどういうこと?

 

オールインワンジェルだと、モロモロの心配がありますよね。シミトリー利用者の口コミを見てみましたが、モロモロや粉ふきが起きたといった口コミは見当たりませんでしたので、安心して使うことができるかと思います。

 

利用者の口コミをみて1つ気になったのが「シミトリーは乾燥する」といった口コミです。これは薬用シミトリーの浸透力が高く、サラサラとしたテクスチャなために感じてしまう原因かと思います。

 

シミトリーで乾燥を感じるのでしたら、オールインワンジェルとしては使えなくなってしまいますが、乳液や保湿クリームを塗り、肌の保湿効果を高めてみてください。

 

実際にシミトリー利用者で保湿クリームと併用してちょうど良かったといっている口コミも見られました。

薬用シミトリーの使い方や副作用について 使用感は乾燥するって本当?

【緊急】シミトリー(SimiTRY)を使ったら乾燥する!?使用感は大丈夫?

薬用シミトリーは新美白オールインワンジェルとして、シミやシワを防ぐことのできる万能なオールインワンジェルです。東洋新薬が製造し、芸能人も愛用しており、口コミでもあ話題のジェルです。

7つの無添加素材で作られており敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用することが可能な、オールインワンジェルです。

 

乾燥肌でも使えると言われているけど、シミトリー(SimiTRY)の口コミを見てみると

 

「シミトリーは乾燥する

 

といった口コミを見つけてしまったんですけど!?

オールインワンジェルだから保湿成分が十分に配合されていないのかな?と思われがちですが、この原因にはシミトリーの浸透力に秘密がありました。

 

浸透しすぎて乾燥しちゃった!?

 

シミトリーで乾燥するといった口コミの真相としては、シミトリー(SimiTRY)の浸透力の高すぎが原因でした。

 

シミトリー(SimiTRY)の保湿成分の構造は、球状ラメラ構造と呼ばれる、水分と油分が交互になった構造になっています。この構造は、人間の肌の構造にとっても似ているんですよね。

構造が似ているメリットは、浸透しやすいということ。人間の肌には外部からの浸透を妨げるバリア機能がありますが、構造が似ているので、バリが機能を突破して、肌の奥まで浸透しやすくなっているんです。

 

美白化粧品は浸透しないと効果を発揮しません。いくら高級な成分が配合していたとしても肌の内部に浸透できなかったら効果は発揮できません。

 

浸透力が一番大事に作られたシミトリー(SimiTRY)は、他の化粧品と比べると浸透力の高さに驚くかと思います。シミトリー(SimiTRY)を塗ると、スーっと肌に馴染みます。

 

この馴染みの早さにより、浸透後は肌がサラサラとした使用感になります。保湿成分は浸透できていますので肌の内部はしっかりと保湿できていますが、肌の表面は乾燥を感じるのかなといった印象です。

 

つまり、浸透しすぎて乾燥する?といったことが原因です。

 

シミトリー(SimiTRY)で保湿効果が物足りないと感じた場合は、乳液や保湿クリームとの併用がおすすめです。シミトリーは他の化粧品と併用しても問題ありません。併用する場合はシミトリーを先に使用してくださいね。

 

薬用シミトリーの使い方や副作用について 使用感は乾燥するって本当?

 

シミトリー(SimiTRY)で効果を発揮するための期間とは?

公式サイトでは4週間後の臨床試験のデータを公表しています。

  • メラニン量37%減少
  • 乾燥小じわ00%減少
  • 水分量97%増加

 

シミトリー(SimiTRY)を4週間使用するとこのような変化を感じられると思われますが、実際にシミへの効果を発揮するためにはターンオーバーによって変わってくるので人それぞれといった部分が大きいです。(シミのサイズや濃さにとっても異なる)

 

シミトリー(SimiTRY)利用者の口コミを調査したイメージとしては、平均2ヶ月~3ヶ月といった期間で効果を感じている人が多かったです。

参考にしてみてください。

 

 

『シミトリーとシミウス』使い方・使用感・安全性で比較してみた

この記事では、美白化粧品として有名な

  • シミトリー
  • シミウス

の2つの商品を、使い方に焦点を当てて使用感や安全性について比較してみました。値段だけの比較はしたくない!実際に使った時のための比較をしたいと考えている方は最後まで読むことをオススメします。

 

使い方はシミトリーの方が簡単!塗るだけ!

シミトリーの使い方は朝と夜の1日2回、顔に塗るだけです。これはシミウスでも同じなのですが、シミウスはその後にマッサージをしなければいけないんですよね。

 

これは成分の浸透技術によって違いがあるからです。

 

  • シミトリーの浸透技術:球状ラメラ構造
  • シミウスの浸透技術:クリスタルダブル製法

 

球状ラメラ構造は、小さなカプセルの中に水分と油分が交互に入っており、この構造は人間の肌の構造に似ているために、とっても浸透しやすいのが特徴です。浸透力が高いので塗るだけですーっと浸透します。

 

クリスタルダブル製法は、マッサージをすることで浸透力を高める方法です。面倒に思われがちですが、血流をよく李たり肌を引き締めてリフトアップにも期待ができます。

 

マッサージをしなくては意味がないシミウス、塗るだけで効果的なシミトリー。使い方はシミトリーの方が簡単ですね。マッサージをすることで血流がよくなる効果があるということは、シミトリーでマッサージをすれば、より効果的に使えるかと思います。

 

使用感はシミトリーの方が良さそうだけど…乾燥する?

シミトリーとシミウスの使用感の違いについてです。

 

シミトリー

  • サラサラとしているジェル
  • モロモロの心配なし

 

シミウス

  • とろっとしているゼリージェル
  • モロモロの口コミあり

 

比較してみた結果としては、オールインワンジェルでありがちなモロモロの心配があるシミウスには少し注意が必要かもしれません。シミトリーではモロモロが出たといった口コミは見当たりませんでした。

 

しかし、シミトリーの口コミで気になったのは「シミトリーは乾燥する」といった口コミです。でもこれはシミトリーの浸透効果の高さが原因により、保湿成分が肌の奥まですぐに浸透してしまった事によるものだと思われます。シミトリーはサラサラとした使用感でベタツキなどが無いことが逆にデメリットとして捉えられてしまったようです。

しかし、シミを改善するためには保湿成分を肌の奥まで浸透させることは必須。人間の肌のバリア機能により保湿成分はなかなか肌の奥まで浸透出来ないのですが、球状ラメラ構造はしっかりと浸透させることが可能です。

 

総合的な評価としては、シミトリーの方が使用感が良いかと思います。

 

安全性はシミトリーが圧勝!

安全性においてはシミトリーが圧勝です。

 

シミトリーは無添加素材で作られているのに対し、シミトリーでは添加物を複数配合していました。添加物は全て悪いというわけではありませんが、添加物が配合されていると

  • 痒み
  • 赤み
  • 肌荒れ

といった想定外の副作用やアレルギーに悩まされるリスクがあります。

シミウスよりもシミトリーの方が安全に使用できますので、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめです。

 

薬用シミトリーの使い方や副作用について 使用感は乾燥するって本当?