薬用シミトリーは副作用の心配なく使用できるのか?白斑のリスクはない?

薬用シミトリーはシミやシワを防ぐ事できる、うるおい美白オールインワンジェルです。美白効果に期待ができる化粧品って少し心配な部分がありますよね。

 

「美白効果が高すぎて肌が白くなりすぎないのか」

 

といったことですね。医学的にはこのような症状を「白斑」と呼ばれています。実際に、過去、美白化粧品を使って白斑の副作用が起きたといった事例がありました。数万件に被害が出て話題になりましたね…。こういった事件があった後ですから、薬用シミトリーの副作用のリスクが心配です。

 

では、薬用シミトリーは白斑などの副作用の心配はなく使用することが出来るのでしょうか?

 

配合成分を調べてみました。

 

薬用シミトリーの全成分

 

シミトリーの全成分はこちら

 

 

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

 

では、白斑のリスクが心配される成分は配合されているのでしょうか?

 

現在、白斑の心配が考えられている成分はこちら↓

  • ロドデノール
  • ハイドロキノン

これらの成分が配合されている場合には、使用には注意が必要ですが、シミトリーにはこれらの成分は配合されていませんでしたので、白斑の心配がなく使用することが可能でしょう。

 

これらの成分は、白斑以外にも、痒み、痛み、腫れ、色素沈着、発がん性といった副作用が生じるリスクもある成分です。

 

シミトリーは7つの無添加素材を実現

薬用シミトリーは無添加素材で作られています。無添加だとどんな心配があるの?と思われる方もいるかと思われますが、添加物を配合しているとこのような副作用の心配があります。

  • 肌の痒みや痛み
  • 肌の荒れや乾燥

 

薬用シミトリーでは、このような心配がありませんので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

ちなみに無添加成分の一覧はこちら↓

  • パラベン
  • アルコール
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • シリコーン

 

薬用シミトリーはオールインワンジェルで、他に化粧品を揃える必要がなく、安心できる配合成分ですので良いですね!

薬用シミトリーの使い方や副作用について 使用感は乾燥するって本当?