薬用シミトリーは日焼け止め効果に期待はできる?

薬用シミトリーは、ハイドロキノン誘導体とビタミンC誘導体配合の、シミとシワを防ぐことができる口コミでも話題のオールインワンジェルです。

 

シミトリーはオールインワンジェルとして発売されていますが、日焼け止め効果には期待ができるのかといった事を調べてみました。

 

薬用シミトリーは紫外線対策としては期待できない

結論をお伝えすると、薬用シミトリーは紫外線吸収剤という日焼け止め防止に有効な成分を配合していないため、薬用シミトリーは日焼け止め対策としては使用できないかと思われます。

 

オールイワンジェルというと、日焼け止め効果がプラスされて販売されている事が多いのですが、薬用シミトリーは残念ながら使用できませんので、日焼け止め効果が追加されたオールインワンジェルをお求めの方は、他のオールインワンジェルを選ぶことをオススメします。

 

「なんだ、シミトリーは日焼け止めとしても使いないのか、ならシミトリーは辞めよう」

 

と思った方もいるかと思います。でも、シミトリーの効果の目的を忘れていないでしょうか?薬用シミトリーの本来の目的は、シミを予防し改善に向かわせる事です。

 

日焼け止めとしての効果がるオールインワンジェルを求めているならシミトリー以外を選ぶ必要がありますが、シミトリーは日焼け後のケアも出来るので、日焼け止めを他に用意すれば、シミトリーの効果の良いところ取りをすることができるでしょう。

 

 

日焼け止め付きのオールインワンジェル

だけよりも

日焼け止め+シミトリー

といった使い方をした方がおすすめというわけです。

 

 

詳しく紹介していきますね。

 

薬用シミトリーは日焼け後のケアに最適な成分配合

 

薬用シミトリーは、メラニンの生成を抑制される働きが期待できる成分「フラバンジェノール®」を配合しています。

フラバンジェノール®は、シミトリーの製造会社である東洋新薬が開発した成分で。シミやくすみを防ぐ働きが期待できます。

 

日焼けによりメラニンが生成されていましますので、日焼けの後にシミトリーを使用することで、メラニンの生成を抑制させてシミになるのを防ぐ働きが期待できます。

 

また、薬用シミトリーの保湿成分は球状ラメラ構造と呼ばれる、人間の肌に構成と似ている作りになっており、浸透力が高いといった効果があります。

日焼けは肌の火傷ですので、肌の奥まで保湿成分を届けてあげる必要があります。シミトリーの浸透力は、日焼けた後のケアには最適かと思われます。

 

薬用シミトリーは日焼け止めとの併用は可能ですので、

 

日焼け止めを事前に塗る→日焼けする→シミトリーでケア

 

といったケアの流れが、シミを予防する効果を最大限に発揮できるかと思われます。