『シミトリーとシミウス』使い方・使用感・安全性で比較してみた

この記事では、美白化粧品として有名な

  • シミトリー
  • シミウス

の2つの商品を、使い方に焦点を当てて使用感や安全性について比較してみました。値段だけの比較はしたくない!実際に使った時のための比較をしたいと考えている方は最後まで読むことをオススメします。

 

使い方はシミトリーの方が簡単!塗るだけ!

シミトリーの使い方は朝と夜の1日2回、顔に塗るだけです。これはシミウスでも同じなのですが、シミウスはその後にマッサージをしなければいけないんですよね。

 

これは成分の浸透技術によって違いがあるからです。

 

  • シミトリーの浸透技術:球状ラメラ構造
  • シミウスの浸透技術:クリスタルダブル製法

 

球状ラメラ構造は、小さなカプセルの中に水分と油分が交互に入っており、この構造は人間の肌の構造に似ているために、とっても浸透しやすいのが特徴です。浸透力が高いので塗るだけですーっと浸透します。

 

クリスタルダブル製法は、マッサージをすることで浸透力を高める方法です。面倒に思われがちですが、血流をよく李たり肌を引き締めてリフトアップにも期待ができます。

 

マッサージをしなくては意味がないシミウス、塗るだけで効果的なシミトリー。使い方はシミトリーの方が簡単ですね。マッサージをすることで血流がよくなる効果があるということは、シミトリーでマッサージをすれば、より効果的に使えるかと思います。

 

使用感はシミトリーの方が良さそうだけど…乾燥する?

シミトリーとシミウスの使用感の違いについてです。

 

シミトリー

  • サラサラとしているジェル
  • モロモロの心配なし

 

シミウス

  • とろっとしているゼリージェル
  • モロモロの口コミあり

 

比較してみた結果としては、オールインワンジェルでありがちなモロモロの心配があるシミウスには少し注意が必要かもしれません。シミトリーではモロモロが出たといった口コミは見当たりませんでした。

 

しかし、シミトリーの口コミで気になったのは「シミトリーは乾燥する」といった口コミです。でもこれはシミトリーの浸透効果の高さが原因により、保湿成分が肌の奥まですぐに浸透してしまった事によるものだと思われます。シミトリーはサラサラとした使用感でベタツキなどが無いことが逆にデメリットとして捉えられてしまったようです。

しかし、シミを改善するためには保湿成分を肌の奥まで浸透させることは必須。人間の肌のバリア機能により保湿成分はなかなか肌の奥まで浸透出来ないのですが、球状ラメラ構造はしっかりと浸透させることが可能です。

 

総合的な評価としては、シミトリーの方が使用感が良いかと思います。

 

安全性はシミトリーが圧勝!

安全性においてはシミトリーが圧勝です。

 

シミトリーは無添加素材で作られているのに対し、シミトリーでは添加物を複数配合していました。添加物は全て悪いというわけではありませんが、添加物が配合されていると

  • 痒み
  • 赤み
  • 肌荒れ

といった想定外の副作用やアレルギーに悩まされるリスクがあります。

シミウスよりもシミトリーの方が安全に使用できますので、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめです。

 

薬用シミトリーの使い方や副作用について 使用感は乾燥するって本当?